水素水には副作用がある?!

 

水素水は、毎日飲み続けるものであり、飲み続けてこそ効果を実感することができるものです。
そのため、続けていくにあたり何か副作用があるとすれば、あまり飲みたくはありませんよね。

 

水素水を飲み始めた頃に、体調が悪くなったり、なんだかいつもと違う・・・
と感じることがあるかもしれません。

 

これって副作用なんじゃないの?!と不安になることもあると思いますが、
これらは本当に副作用なのでしょうか。

 

水素水に副作用があるとすれば、様々な効果を得られたとしても全てがデメリットとなってしまいます。
そこで、水素水には副作用があるかどうかについて、見ていきたいと思います。

 

 

◆水素水の効果ってどんなものがあるの?

 

そもそも水素水にはどのような効果があるのでしょうか。

 

  • ダイエット効果
  • 生活習慣病予防効果
  • 美容、美肌効果
  • アレルギー症状軽減効果

 

など、このような効果があるとされているのが、水素水です。
生活習慣病を予防したりする健康寿命促進の効果がありますので、とても注目されています。

 

水素水について研究している大学も多く、マウスを使用しての実験なども行われています。

 

 

◆水素水を飲んでいたら体調が悪くなった!

 

水素水を飲んでいたら、頻尿やかゆみなどが出るようになったという方もおられるかもしれません。
そのようなことがあると、「副作用なのでは?!」と思ってしまうこともあるかと思います。

 

ですが、かゆみや頻尿などは、決して副作用ではありません。
これらは好転反応と言い、身体が回復していったり、綺麗になっていく際に出る反応のひとつです。

 

具体的には以下のような症状が出る場合があります。

 

かゆみが出る
トイレが近くなる
吹き出物が出来る

 

このような症状が出ても、副作用の類ではありませんので安心してください。

 

*関連記事

水素水を飲んで体調不良?!好転反応とは

 

 

○水素水の安全性は証明されています

 

水素水の安全性については、厚生労働省も認めています。
厚生労働省は、1995年に「水素」を食品添加物として使用することを認めており、
その後も継続的な調査が行われ、安全性がしっかりと確認されているのです。
食品添加物として使用することを認める際には厳しい検査が行われるため、安心できますよね。

 

水素を含んでいる水素水は、副作用などはなく、安心して飲み続けることが出来るとされています。

 

 

◆水素水の過剰摂取の場合にはどうなるの?

 

水素水を過剰摂取してしまうことがあった場合には、副作用はあるのでしょうか。
やはり身体に良い影響を与えてくれるものであれば、たくさん飲んだほうがいいのでは?と思いますよね。

 

 

○水素水の一日の摂取目安量は?

 

一日に飲む水素水の目安量としては、1.5リットル〜2.0リットルとされています。
一日に2リットル以上の水素水を摂取するという方はあまりおられないと思いますが、
2リットル以上摂取してもあまり効果はないと言われています。

 

いくら飲んでも水素水の副作用というものはないのですが、
飲みすぎて頻尿になってしまうということはあるかもしれません。

 

いくら健康に良いものであっても、適量が良いということですよね。